4人のサラリーマン

postheadericon タイミングを活かす

そういった転職のタイミングはなかなかありませんが、もし店長が正社員から出てきているチェーン店で長く働き、すべての勝手を理解していて、とても寄与しているという状態が出来上がっていたとすると、その店長の異動の際に後任として採用することがあります。
またとない転職の契機となりますが、こういった形の転職を行うときには一つだけ注意が必要です。

あまり転職した自覚がないのでアルバイトやパートと同様に働けると思いがちですが、本社との連絡をとったり、売り上げの集計を行ったりと業務は増えてしまいます。
しかし、生計を立てるという面から考えると大幅な給料アップですので両方を天秤にかけてよく考えましょう。

走るサラリーマン

postheadericon 正社員になる方法

アルバイトやパートで生計を立てるのが難しいとなると正社員として就活を行えばよいということになりますが、これはパート等として雇われるよりもハードルが高くなります。
しかし、正規に就職活動を行わなくとも正社員として採用される場合があります。
それは冒頭に挙げたチェーン店で継続的に仕事を行ったときです。

電話をする男性

postheadericon アルバイトからの転職

アルバイトやパートだけで生計を立てていくのは大変です。

比較的アルバイトやパートとして職が安定するコンビニ、ファーストフードやレストランのチェーン店の店員では時給が低いため、小遣い稼ぎには十分であってもなかなかそれだけで生活を賄うのは大変です。
時給換算で比較的よいアルバイトとしては家庭教師や塾講師、引越しやイベントの手伝い等がありますが、いずれも長時間労働を行ったり、長期間採用され続けたりするのが困難です。

考える男性

postheadericon 雇用後の現状

求人情報は、アルバイト・パート共に簡単に手に入り、またその求人情報もたくさんあります。
ただ、紙面等で記載されている内容と実際に雇用されてからの現状が大きく異なることは多く存在します。転職ともなれば、今まで働いていたところを辞めてまた一から始めるわけですから、勤務体系等の条件や優遇等の兼ね合いも十分に調べておく必要があります。

転職は時によってはリスクを伴いますが、転職することによって、今までよりも環境が良くなったり、金銭面でもかわれることも可能になってきます。
また、そこそこの会社によって違いますが、同様の仕事関係への転職であれば、今までの勤務経験も加味して給与を検討してくれる会社もあります。
実際の面接の場で聞くことは非常に難しいことではありますが、自分で納得にいく転職を可能にするためにも事前に調べておき、実際に聞いてから、働くということが失敗しないコツになります。

ネクタイを締める男性

postheadericon 転職する上での注意点

アルバイトとパートの違いとはそもそもの定義は、一定の社員より労働時間が短い人のことをいい、特に区別されているわけではありません。ただ、パートの定義によると、労働時間が社員より短いだけであって、仕事の内容は社員と同様の事をする場合がほとんどです。

なので、一般的には長期間働ける人のことをパートといい、アルバイトとは、学生等の短期間で働き、勤務の時間帯も社員とは違う時間に働く人のこと言うことが多いようです。
転職について考える際、パートにしても、アルバイトにしても、勤務内容や時間、給料等をしっかり確認するのがいいでしょう。